Entry
Categories
Archives
Link
Profile
Material
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Others


スポンサーサイト
2012/09/23

一定期間更新がないため広告を表示しています


This Is It !
2010/01/18 23:30





f:id:pikimoon:20080719144625j:image


家に着いて車から降りると


星空をしばらく見てしまう。





澄んだ冬の星がきらきらと輝いているのを


じっと見ていると、一日あったことが


ずっと遠ざかっていく。





私のメールアドレスの一部に「○○宇宙論」というのが


あるのだけど、○○のところは自分のことを指している。


大した意味もなく、宇宙に関心がある程度だったのだけど。





いつかそんなことが来るか来ないかわからないけど、


今、子供の頃に習ったり調べたりしたのとはおおよそ違う


宇宙論を研究している。





研究といっても、何も机にしがみついて難しい本を読んでいるわけではない。


それを本当に理解する、自分のものにするということに時間を割いている。


日々の生活の中に、人との関わりの中にそれは息づいている。


人も小宇宙っていうでしょ。





多くの芸術がその時代に受け入れられるとは限らないように、


斬新な理論や論者も疎んじられ、批判され、


場合によっては時の権力者によって「排除」される。








そんな学者先生が多少有名ならお近づきしたいということで


芸能人のファンみたいにチャラチャラしている人は能天気だなと思う。


なぜならば、その有名人は表向きはキャアキャア言われているとしても、


裏からその寝首をかこうと狙われているかもしれないから。





おそらく、世の中に物申している人は言っていることで


身を危険にさらしているかもしれない。


本当は少しでもその人の「身内」であることが、


同じように命がけになることは否定できない。





狙った銃の流れ弾にあたって命を失ったとしたら、


「たまたまそばにいたから運が悪いね」で


済まされてしまうかもしれないのだ。





f:id:pikimoon:20091021231529j:image





「どう書いたらいいかわからない・・・」


高校入試の志願理由書の下書き用紙を持って言う。


おいおい、冬休み中に書くってやつじゃないんか?


そこには将来の目標や進路の目的や、その高校に行きたい理由を


書くはずだけど、まったく手付かずでいるらしい。





「夢があるだろ、こうしたい、こうなりたいっていう夢」





「オレ、何になりたいんだろ・・・」





「ピーピー!選手交代!私に15歳男子させろ!」





「やだ」





「だろ?(ナンダトー!)、


夢ってーのは、そんな夢無理って誰が言おうが


自分がこうしたいってことでいいんだ、それがないと進まない。


そこから考えてごらん。(中略) そうすれば何を書くべきかわかるはずだよ」





f:id:pikimoon:20091101000845j:image





時代に逆らう論者


学会に発表しない新発見


今の世に感動を与えないモノ創り人


ワケのわからない即興音楽家





どれになりたい?





15の夢を聞かせてほしいな。





冬のきれいな星空を見ながら





スポンサーサイト
2012/09/23

Comment










この記事のトラックバックURL

http://pikimoon.jugem.jp/trackback/77

この記事に対するトラックバック