Entry
Categories
Archives
Link
Profile
Material
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Others


スポンサーサイト
2012/09/23

一定期間更新がないため広告を表示しています


「地球を遊ぼう!」ー夢のようなでも夢でない実現させる旅ガイドー
2010/05/20 22:19



表紙を開くとまず目に飛び込んできたスマイルマーク!

偶然にしてもなんということだ。

数日前、昔勇気づけられたこのマークを手元に復活させたばかりだった。






「地球を遊ぼう!」は、旅のガイドブックだが、

タイトルの通り、旅を遊ぶ、旅で遊ぶ、旅先で遊ぶための情報が満載なのだ。

目次には、北南米、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカと地域別と、

さらに世界一周+αのラストには地球大気圏脱出計画まで載っている。

その目次からフルカラーの写真が見られるので

そこから既に旅が始まってしまったような気になる。



従来のツアーや有名な観光地を見て回るだけではなく、ここにあるのは

体験型であり、実際には個々に違った旅が味わえるような情報と

一番気になる予算など具体的にイメージしやすいような紹介の仕方がしてあるので、

未知の世界へアプローチする不安も解消される。



私が行きたくてまだ行っていない、ペルー、ネパール、アフリカ、宇宙もある。

どちらかというと活動的な冒険的なイベントが満載なので、

年齢によってはおじけづいてしまうかもしれないものもあるが、

それはそれでイメージを膨らませてバーチャルな旅を想像するのもいいだろう。



でも、キャンピングカーでアメリカ中を旅しているのは、退職した年代の人たちが

多いし、昔ユースホステルを利用した時に同室になったのは、どうみても70〜80代と

おぼしき女性だったし、きっと現地に行けば驚くほど多様な年齢層の人たちと

会えるに違いない。実際、年齢、国籍、性別等々「不問!」が旅の大原則だ。

ここにあるような旅をすれば、一生つき合える友人ができるかもしれない。

少なくとも、忘れがたい体験と思い出ができるのは必須だ。



昨今、情報と言えばインターネットが主流になりつつあるけど、

こうして書籍だとパラパラと気に入ったところをすぐ見られるので楽しい!

読み物としても十分楽しめるお得なガイドブックだ。



旅は楽しまなくっちゃ!

スマイルマークがそう言っている。


地球を遊ぼう!

http://www.a-works.gr.jp/chikyu/


映像で見よう!




スポンサーサイト
2012/09/23

Comment










この記事のトラックバックURL

http://pikimoon.jugem.jp/trackback/126

この記事に対するトラックバック