Entry
Categories
Archives
Link
Profile
Material
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Others


スポンサーサイト
2012/09/23

一定期間更新がないため広告を表示しています


サバイバル・イキル
2010/02/24 23:29


f:id:pikimoon:20091113033149j:image


ぽかぽかと春の暖かさを感じながら、公的業務で外出。





前回同じところへ行った時は、王道の道路を使ったけど、


今日は思い切って・・・(というほどの道のりではない)、


直線的に攻めてみた。


まあ、単なる地図には載らないような田舎道をまっすぐ


目的地に向かったにすぎないのだか。。





結果うまくいった。


なのに、なんと書類に不備が・・・


あんなに何人もと何回も確認したのに、


「近いので差し替えます」と言って出直した。





帰ると、その書類を作成した当人も出かけていたので


PCから探し出し、訂正してそそくさと同じ道を行く。





待合室にて持ち帰る書類待ちをしていると、


「お待たせしました」と先方は言ってくれたものの、


同情したように、「こちらが。。。」と新たな箇所を指差す。





今度は、一つの名字が外字のため、「・」だけになってしまっていた。


後からわかったのだけど、作成者のPCにだけその外字があり、


印刷にも反映されていたらしく、


私のPCではもともと外字がでなかったのだ。


でも、そこには目が行かずそのまま持ってきたのも間が抜けている。


とりあえずそこは手書きで書き入れて一件落着。








次のところへ向かった。


そこは、以前いたことがあるので、顔見知りとはいえ、


雑談するような場ではなかったので、おとなしく待っていたら、


「印がないです」というではないか。


アレ〜、時計を見ると締め切り時間まであと30分を切る、


「押してきます」とはいったものの、行って帰るのはぎりぎりだった。





でも、こういうときの私は強い。


即座に万が一の複線をいくつか打って、とんぼ返り。


途中で、電話を入れて「印」を用意してもらう。


ついた途端、印を持って待っててくれて、


数十秒後にはまた車上の人となり、


「時間内にであれば」という先の場所に戻った。





途中、前の車がわざとノロノロ走っているように見える。


最後はゆっくりモードの一台を抜かして到着したのが、


3分過ぎ・・・ドアを開けると、いっせいに待ち人来るの事務方が


こちらを向いた。


「ちょうどということで」とにっこり笑っていただき、無事終了。





前職で分刻みのスケジュールを何度と泣く・・; こなしてきた甲斐が


あったというものだ。っていうより、


その前にちゃんとしておけってか。。








いや、何度吟味しても、落ちてしまうことはある。


こればかりは誰も責められない。





以前よく買っていたすぐ近くの天然酵母のパン屋さんに寄った。


甘いパンをちょっとかじった。





また一山越えたなあ。


あともう少しだ。





たぶん、こんな業務はペーパーレスで今でもできるはずだ。


でも、世の中すぐには変わらないんだなあ。


将来はこんな手続きに人の行き来も紙の処理も「印」も


なくなるときがくるだろう。





とてもいい天気だったけど、


写真も撮ってる間がなかった。


春の気配を感じるだけで今日はおしまい。





スポンサーサイト
2012/09/23

Comment










この記事のトラックバックURL

http://pikimoon.jugem.jp/trackback/102

この記事に対するトラックバック