Entry
Categories
Archives
Link
Profile
Material
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Others


スポンサーサイト
2012/09/23

一定期間更新がないため広告を表示しています


バルトの楽園
2006/07/15 01:03


20070429140806





今日は、原稿書きの日だったのに、
お昼過ぎても、連絡がない。
やることはいくらでもあるので
時間があっという間に過ぎていた。
一円でも稼ぎたいところだが、
そのままにして、ふと思い出した。

映画「バルトの楽園」気になっていた。
第一次大戦中の徳島・坂東捕虜収容所(現・鳴門市)を
描いたものだ


これが史実に基づいたものであることから
見てみたいと思っていた。
当時の敵国ドイツ人捕虜を収容していたのだが、
劣悪な扱いをすることもなく、地元民とも交流、
パンつくりや新聞印刷など寛容な待遇が取られていた。
そこには、オーケストラもあったのだ。

映画の時間をチェックすると、
最寄の映画館がすでに始まっていて、しかもその上映が最後。
もう一ヶ所を見ると、あと30分後に始まる。
こうなると行動は早い。
もろもろを片付け、さっそく向かった。
しかも、本日金曜日にてレディースディ。
ラッキーは続く。

ドイツ人捕虜が第九を演奏するのが最後の場面。
これが日本における第九の最初の演奏だという。
いまや、年末になると第九演奏がたくさんのところで
行われるという日本。

映画の批評は見る人それぞれに任せるとして。
戦時中の敵国の捕虜を収容しながら、
そこを「楽園」にしたのは、捕虜への信頼があってこそ
だが、そんなことが80年前の戦火で行われたのだ。

信頼か・・・

映画館は十数人くらい。
冷房がききすぎてすっかり冷えたが
外へ出ると暑さで一気に
・・・現実へ。

明日の旅は晴れるかな。